週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保コラム

デーブ大久保コラム「私が目指した監督像は一つだけ『やられてイヤだった』指導はしない」

 

自分が指導者になったら、現役時代に受けた理不尽な練習やアドバイスなどは絶対にやらないと決めていました/筆者は中央。写真=BBM


 セ・リーグは巨人が独走しています。今季は、原(原辰徳)監督の采配が話題になっています。原監督の原点は父親の貢さんにあるとか、巨人の藤田(藤田元司)監督にあるなどと言われています。でもその真相は、原監督にしか分かりません。

 では、私はというと──まあ、1年だけでも一軍監督を務めさせていただきましたので、監督の理想像を追いかけたのは事実です。しかし、どの監督の影響を受けたかというと、答えは全員です。

 楽天のコーチとして呼んでもらった星野(星野仙一)監督。オヤジの闘将と言われる部分も参考にしました。例えば、この場面でこの選手なら、みんなの前で怒っても、本人もほかのみんなもモチベーションが上がるぞ、と思い演技をしたこともあります。そういうことも含めて、いろいろな監督のいいところ取りをしていました。その中で、監督や教える立場になって絶対にやろうと考えていたことは、一つだけでした。

「現役時代に理不尽に、強制でやらされた練習やアドバイスを選手たちには絶対にしない」

 です。つまり、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング