週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保 さあ、話しましょう!

デーブ大久保コラム「楽天は優勝する戦力は十分にあります。西川と浅村の復調を待つだけでしょう」

 

移籍した当初はアドレナリンが出たことでいいプレーができた西川。一息いれてここからもう一度ギアをあげれば楽天の優勝も見えてくると思います


 完全に気持ちが吹っ切れたのでしょうね。抑えから先発に転向、そしてまた抑えにと昨年は慌ただしかった松井裕樹。今季6月6日の試合までで奪三振率15.09ですよ。22回2/3で38奪三振、防御率1.19。横浜時代の佐々木主浩級の投球です。もう自分が完全にクローザーでいくというメンタルになったからこその数字だと思いますし、この調子はこのまま続いていくと思いますね。

 9回が安定しているとチームは強い。それでも楽天は最近、フラフラ中。開幕直後はものすごい勢いで快進撃を続けていましたが、ソフトバンクに抜かれてしまいました。もともと戦力的にはリーグトップクラスで、昨年の順位が信じられないくらい。それが今年はそれなりに選手たちが機能しているので、この順位になっているのは当たり前の結果だと思います。

 ただこれだけの投手陣を抱えながら、5勝以上している先発陣が誰もいませんし、貯金を2つ以上している先発は岸孝之涌井秀章のみ。田中将大にしてもあれだけの好投をしながら4勝4敗ですから……なぜ2位につけ、貯金が9あるのか不思議だなとも思います。

 不思議といえば、このチームには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング