週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

清宮幸太郎選手の可能性

 

今年は甲子園には届かなかったが、バッティングの成長は目を見張るものがあった


 夏の甲子園が開幕し、連日、熱戦が繰り広げられています。私も中学生までは、プロ野球ではなく、甲子園にあこがれて野球をしていました。結果的にPL学園高の3年のとき、春夏と甲子園に出場することができ、連覇もできましたので、さぞ強いチームだったのだろう、大阪大会は楽々と勝ち進んだのだろうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。大阪は全国屈指の激戦区です。強豪校がたくさんいて、非常に厳しい戦いばかりでした。センバツにしても2年秋の近畿大会で3位となり、ギリギリの出場。しかも勝ったらセンバツという試合はリードされながら、なんとか引っくり返しての勝利でした。相手は大阪商大堺高で、実は一度は入学が決まりかけていた学校です。因縁を感じながら戦っていたことを思い出します。

 残念ながら今回の大会には出場できませんでしたが、私が地方大会で注目していたのが、早稲田実業高の2年生・清宮幸太郎君です。去年の甲子園を見ていて、1年生であれだけ飛ばせるのは、素晴らしいと思いましたが、多少、欠点も感じました。その一つがフォロースルーです。長距離打者のわりに前が小さい印象があり、高校レベルでは問題ありませんが、プロでは壁にぶつかることもあるかもしれないなと思って見ていました。

 それが今年を見ていたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング