週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

私が選んだ2016年ベストナイン

 

徹底マークを受けながら2年連続トリプルスリーを達成した山田をMVPに


 今回は年の瀬の発売号でもあります。以前からの編集部のリクエストもあって、2016年日本球界のベストナインを私なりの視点で選んでみようと思います。

 まずピッチャーですが、これはやはり日本ハム大谷翔平投手ですね。勝利数だけならソフトバンク和田毅投手、ロッテ石川歩投手、広島野村祐輔投手、同K.ジョンソン投手らのほうが上ですが、日本球界最速を出し、さらに“二刀流”での打者としての貢献を加えて考えると、やはり外せません。DHも大谷選手でいいのではないでしょうか。

 難しいのがキャッチャーです。“本当の”ベストナインはセが広島の石原慶幸選手、パが日本ハムの大野奨太選手ですが、石原選手が106試合、大野選手が109試合出場と試合数が少な過ぎます。近年はメジャーのように捕手を併用、あるいは休ませながら使うチームが増え、今年規定打席に到達した捕手は12球団で巨人小林誠司選手だけでした。

 ただ、私はそれは違うのではないかと思います。やはり捕手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング