週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

西武・源田壮亮選手の可能性

 

盗塁も三塁打も多い。走塁センスについてはすでにトップレベルです/写真=小山真司


足で“魅せた”


 今回はパ・リーグの新人王にもなった西武の遊撃手・源田壮亮選手について書いてみたいと思います。

 ドラゴンズの後輩・京田陽太選手も1年目からショートでよく頑張ったと思いますが、源田選手は全試合フルイニング出場。しかもチームはドラゴンズと違ってCS出場権争いにも絡んで最終的に2位でした。ショートという負担の大きいポジションでよく頑張ったと思います。

 開幕直後のコラムで、当時先発で出たり出なかったりだった京田選手について「使うなら我慢して使い続けたほうがいい」と書きました。ショートは要になるポジションですし、固定したほうが戦い方も安定します。バッティングは確かにまだまだでしたが、彼には素晴らしい足があります。しっかりセンター返しを意識すれば、それなりにヒットは打てるだろうと思ってました。

 源田選手も開幕前は「俊足で守備もいいが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング