週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

初対決の衝撃が記憶に残る杉内俊哉選手

 

巨人には12年に移籍し14年まで3年連続2ケタ勝利を挙げた


最初の印象は「速い!」


 9月12日、巨人の左腕・杉内俊哉選手が引退を発表しました。

 2015年オフに右股関節を手術し、そのリハビリの過程で左肩を痛めてしまったようです。16年から丸3年一軍登板がありませんでしたので、若い読者は、いいときの杉内選手の印象があまりないかもしれませんが、通算142勝77敗、防御率2.95という成績からも分かるように、非常に安定して力を発揮し、2ケタ敗戦が一度もない“勝てる”ピッチャーでした。

 以前も書いたことがありますが、私が彼と初めて対戦したのは、2006年の交流戦でした。杉内選手は、前年、ソフトバンクで18勝4敗、防御率2.11と活躍。最多勝、最優秀防御率を獲得し、すでにパ・リーグを代表する左腕となっていました。

 私も映像では見ていましたが、打席で“ナマ”は、そのときが初めて。

 最初の感想は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング