週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「勝ち方を知っているソフトバンク」

 

ソフトバンク西武が開幕戦からいきなりぶつかる[ソフトバンク・工藤公康監督。背中は西武・辻発彦監督]


若手のチャンスにも


 2019年シーズンも間もなく開幕です。各チームとも故障者が出たり、若い選手が台頭したりと、まだまだ流動的な部分はたくさんありますが、それぞれの戦い方の方向性は、少しずつ見えてきたように思います。

 前回のセ・リーグに続き、今回はパ・リーグの順位予想をしていきます。あらためて前置きしておきますが、あくまで現時点での戦力比較です。

 パもセ同様の混戦模様と思いますが、その中ではソフトバンクが頭一つ抜けています。このチームの強みは、選手層の厚さです。野手では中村晃選手、投手ではバンデンハーク選手が故障、さらに復帰したサファテ選手も本調子とは言えず、誤算は少なくないのですが、それでもオープン戦の戦いを見ると、一番安定しています。勝ち方を知っているチームだな、と感じます。

 ただ、盤石かと言えば、それは分かりません。特に、投手陣ですね。リリーフ陣もこれまで常に優勝争いを演じる中で、レギュラーシーズン+ポストシーズンの厳しい戦いを毎年のように積み重ね、蓄積した疲労を感じます。若い選手がどれだけ出てくるかがカギになるかもしれませんし、逆に言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング