週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「広島復活は本物か」

 

サヨナラ弾の鈴木は、5月15日のお立ち台で「最高でーす!」


一、二番が固まった


 5月15日のヤクルト戦(マツダ広島)は、広島が鈴木誠也選手のサヨナラ本塁打で劇的な勝利を飾り、首位・巨人が足踏みしていたこともあって一気に1ゲーム差の2位タイ(ヤクルト、阪神と同率)と迫りました。

 もともと力のあるチームですから、これまでの低迷が異常だったとも言えますが、それだけ不動の三番打者として3連覇に貢献した丸佳浩選手が抜けた穴が大きかったということでしょう。

 5月はチーム打率も.268と、低迷していた打線もやっと当たりを取り戻しました。大きいのは、一番・野間峻祥選手、二番・菊池涼介選手が固まり、打ち始めたことでしょう。これまでは一発頼みの打線でしたが、本来の強みである打線のつながりが戻り、試合終盤のしぶとさも復活しました。

 打線が停滞する中、これまで孤軍奮闘してきたのが、四番の鈴木誠也選手でした。現在セの打撃三冠王。スイングは力強さを増し、勝負強さもありと文句のつけどころがありません。

 ただ、やはり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング