週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「高橋周平選手、覚醒の理由」

 

間が取れるようになった


技術面とメンタル面


 6月11日現在でセ・リーグトップの打率.344をマークしているのが、中日高橋周平選手です。以前も書きましたが、今季はキャプテンに指名されたこともあり、キャンプから表情が明るく、同時に「今年こそ、やらねば」という覚悟も伝わってきました。

 2012年のドラフト1位。これまで期待されながらなかなか結果を出せませんでしたが、ようやく覚醒の時期が来たようです。

 現在の好調の要因は、技術とメンタルの両面です。もちろん、両者は絡みあっています。

 まず技術面ですが、構えでバットを寝かせ気味にしていたのを立て、始動のときに下に下げてから上げる、いわゆるヒッチするようになりました。おそらく、本人の中での課題は、体が突っ込むことだったと思います。

 もちろん、体は、前にいかなければ強い打球は返せませんが、突っ込んでいく動きが大きいと、向かってくるボールとケンカするような形になりますから、インサイドは詰まりやすく、外の逃げるような変化球への対応もできません。

 昨年までは、相手バッテリーもそれが分かっていて、インコース攻めをされることもありました。

 それがいまはヒッチした際、軸足に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング