週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「交流戦で感じた西武打線の迫力」

 

交流戦で本調子ではなかった山川だが、それでも、ここぞの一発でチームに貢献した


紙一重の差


 セ・パ交流戦が終わりましたが、今年も優勝は交流戦に強いソフトバンク柳田悠岐選手らケガ人も多い中で、圧倒的な強さはありませんでしたが、投打がかみ合い、さすがと思わせる戦いでした。

 そして、これは残念なことではありますが、今年もセ・リーグは巨人DeNA以外がすべて負け越しという結果になっています。

 大きかったのは、5月を20勝4敗と勝ちまくり、セの首位で交流戦に入った広島の低迷ですね。チーム打率.216が響いたことは確かですし、いろいろな分析もできると思いますが、私は紙一重の戦いが多かったなと思って見ていました。これは点差という意味ではなく、大事なところで粘れなかったり、あと1点欲しいところで取れなかったりという誤算です。これが積み重なっての最下位だったように思います。

 広島は、昨年も交流戦では負け越していますし、日本シリーズではソフトバンクに完敗でした。選手の中に、少しだとは思いますが、パへの苦手意識があったはずです。それが実際に結果が出ず、負けが込んでいく中で、さらに歯車が狂っていった気がします。

 ただ、交流戦期間中、ほかのセ球団が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング