週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「中日・柳裕也投手の2ケタ勝利の意義」

 

9月27日現在で11勝を挙げ、チームの勝ち頭になった柳


2年間の不振を乗り越え


 将来のエース候補と期待され、2017年のドラフト1位で入団した柳裕也選手。明大のエースとして通算23勝を挙げた右腕で、入団前から完成度の高い投手でした。プロでも即戦力と言われたのですが、背中の故障にも苦しみ、1年目は1勝しかできませんでした。

 彼については、2年目の18年4月10日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)で完封勝利を飾った際に、このコラムで書いたことがあります。あの試合では、持ち前の球持ちがいいフォームから、打者の手元で伸びる真っすぐと、覚え立てだったチェンジアップをうまく使い、テンポよく打者を攻めていました。安定感もありましたし、「きっかけをつかんだかな」と思ったのですが、以後はまったく結果が出ずに終わってしまいました。

 球種が豊富、制球力もよい素晴らしい投手ですが、彼の課題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング