週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「真っすぐの威力が大野雄大選手の復活のカギに」

 

初の最優秀防御率のタイトルを手にした大野


かわすピッチング


 残念ながらまたもBクラスの5位に終わってしまいましたが、昨年と比較すれば、今年のドラゴンズはいい戦いをしていたのではないでしょうか(昨年が悪過ぎたのもあります)。大きく改善したのは投手陣ですね。昨年はリーグ最下位の防御率4.36でしたが、今年は3.72となっています。

 先発陣では大野雄大選手の復活が大きかったと思います。9勝(8敗)どまりで2ケタ勝利に届かなかったのは本人も課題に感じているでしょうが、2.58で最優秀防御率のタイトルに輝き、9月14日の阪神戦(ナゴヤドーム)ではノーヒットノーランもマークしています。対巨人、対阪神の防御率1点台も素晴らしいですね(対巨人1.33、対阪神1.35)。

 2015年まで3年連続2ケタ勝利を続け、エース格の存在となった時期もありましたが、少しずつ結果が出なくなり、昨年は0勝3敗、防御率8.56になってしまいました。

 何度も書いていることですが、好投手の条件は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング