週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「難しい国際大会の戦い」

 

プレミア12・1次ラウンド第1戦で3安打と活躍を見せた広島・菊池選手


過酷な条件の大会


 プレミア12が開催されています。今回は11月5日、1次ラウンドの初戦、ベネズエラ戦が終わったところで書いていますが、最終的には逆転勝利を飾ったとはいえ、途中まではかなり重い雰囲気の試合になりました。

 正直、選手の疲労度を考えると、大変難しい時期だと思います。長いペナントレースもそうですが、特にCS、日本シリーズと戦った選手に、そのあとさらに真剣勝負というのは、肉体的にも精神的にも、かなり酷なことです。東京オリンピックの前哨戦として、勝敗はもちろん大事ですが、ケガには十分気をつけながらやってほしいと思います。

 私は2013年のWBCでコーチ経験がありますが、国際大会というのは、いつもの公式戦とまったく違う雰囲気があります。環境的にもボールや審判のジャッジもそうですし、今回であれば台湾の球場はずいぶん下も荒れていたようです。選手も慣れるのに苦労しているはずです。

 実際のプレーでも相手の情報は映像やデータしかないはずです。バッターであれば、投手の持ち球などは分かったとしても、実際に打席に入らないと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

立浪和義

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング