週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「メジャー挑戦組は成功できるのか」

 

筒香の課題は、いかにインサイドを打つか


野手の個性派たち


 FAの国内移籍は、福田秀平選手のロッテ入りで一段落。次の注目は、FA、ポスティングでのメジャー挑戦組の行方となっています。

 今年はFAで秋山翔吾選手(西武)、ポスティングシステム行使で山口俊選手(巨人)、筒香嘉智選手(DeNA)、菊池涼介選手(広島)がメジャー挑戦の名乗りを上げています。野手の移籍は、最近減っていましたが、今回は、それぞれ違ったタイプの個性派が海を渡ろうとしています。

 まず秋山選手は日本球界きってのヒットメーカーで、ボールの軌道にバットのラインを入れるのがうまく、点ではなく、面で打つタイプです。しっかりインサイドアウトのスイングができているので、インコースの強い球も苦にせず、メジャーでも十分活躍できるタイプだと思います。

 菊池選手は、セカンドの守備は十分メジャーのレベルにあります。マツダ広島は天然芝なので、メジャーの球場への対応も心配ないでしょう。問題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング