週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「確実な成長を見せる中日・根尾昂選手」

 

1年目、結果は出せなかったが、その潜在能力の高さを感じさせた


経験を積んだ1年目


 2020年、私が大きな飛躍を期待している選手の1人が、中日の2年目、根尾昂選手です。

 ドラフト1位で入団した1年目は、即戦力とも期待されながら、スタートからケガに泣き、ファームでもあまり結果を出すことができませんでした。一軍では最後の阪神戦で2打席に立ちましたが、2三振。悔しさのほうが大きかった1年だと思いますが、これからにつながる、いろいろな経験ができたのではと思います。

 秋から外野の守備練習をやっているようです。ショートもあきらめてほしくはないのですが、京田陽太選手がいますし、外野挑戦は出場チャンスを広げるためだと思います。肩も強く、足も速い選手なので、守備面では、ある程度、慣れたらすぐ一軍レベルになると思います。

 ただ、中日の外野には平田良介選手、大島洋平選手、アルモンテ選手、福田永将選手とレベルの高い選手がそろい、食い込むのは簡単ではありません。可能性があるとしたらレフトでしょうが、いずれにせよ、守備・走塁だけではなく、彼らとそん色のないバッティングが要求されます。

 昨年感じた彼の打撃の課題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング