週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「キャッチャーとの駆け引きの楽しみ方」

 

現役時代の古田捕手。変幻自在のリードでバッターを苦しめた


インコースの意識


 今回はキャッチャーの話を書いてみたいと思います。

 バッターはもちろん、ピッチャーと向き合い、対決するわけですが、後ろにいるキャッチャーとの駆け引きもあります。

 今とは違い、私の現役時代は各球団のキャッチャーが固定され、1年間、同じ捕手が多かったのでなおさらでした。

 特に横浜時代の谷繁元信選手、ヤクルト古田敦也選手(現役時代の話なので「選手」と書かせていただきます)とは5年、10年と長く戦いが続きましたが、ずいぶんと嫌な攻めもされつつ、振り返ってみれば、駆け引きを楽しむことができたなと思います。

 私はリードというのは正解、不正解はないと思います。

 谷繁選手は外角球をうまく使い、一見、オーソドックスに見えるのですが、時々、思い切ってインコースを使ってきたり、意表を突く大胆さがありました。古田選手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング