週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「中日・大野雄大選手のリリース位置の変化」

 

8月30日現在4勝3敗、防御率2.64


疲れに弱いフォーム


 開幕投手を務めながら、6試合に勝ち星なしが続いた中日のエースの大野雄大選手ですが、7月31日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で7試合目にして初勝利を飾って以来、4試合連続完投勝ちと好調を維持しています。前回8月23日のDeNA戦(ナゴヤドーム)は完封勝利でしたし、尻上がりに調子を上げているのも頼もしいですね。

 投手に限らず、選手はメンタル面に大きく左右されます。大野選手は、昨年はノーヒットノーランを含む9勝、13年から15年まで3年連続2ケタ勝利と十分な実績がある選手ですが、それでもなお、1勝するまでは焦りもあったということでしょう。それまでも、内容的には、そこまで悪くはありませんでしたが、1勝してからのピッチングには自信も感じます。

 技術的には、やや突っ立ったようなフォームで、踏み出した右足を突っ張るようにし、反動を使いながら上体の力で腕を振って投げるタイプです。このようなフォームだと、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング