週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

プロの目が見た野球の「深層」。吉田正尚選手の好調の秘訣

 

8月の打撃は圧巻だった


体ではなくバットを振る


 9月に入って少し勢いが落ちましたが、8月は月間打率.430と打ちまくり、9月16日現在打率.358でパ・リーグのトップにいるのが、オリックス吉田正尚選手です。

 入団5年目ですが、2年目以降、コンスタントに打率3割台を残し、昨年は29本塁打と長打力もアップしています。ライナー性の打球が多くホームランバッターというタイプではありませんが、さまざまな可能性を秘めた選手だと思います。

 身長は173センチと上背はあまりないものの、ウエート・トレーニングで鍛え上げた筋肉はユニフォーム越しでもはっきり分かります。あのパワーでのフルスイングは、見ているだけで、ワクワクしますね。これまでは故障が多いイメージもあったのですが、今年は大きな故障もなく、調子の波も小さくなってきたようです。

 技術的には、これまでも強いスイングができていたのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング