週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「藤川球児選手の不思議な真っすぐ」

 

NPB通算は782試合登板60勝38敗243S163H、防御率2.08


遅いようで速い?


 2020年もまた、多くの選手がユニフォームを脱ぎました。その中には、私が現役時代(09年まで)にチームメートとしてともに戦ったり、対戦した選手たちもたくさんいます。

 以前の回で、ドラゴンズで同僚だった吉見一起選手については書いたことがありますが、対戦相手では阪神藤川球児選手、ヤクルト五十嵐亮太選手ら、快速球を武器にしたリリーバーたちが第二の人生をスタートさせました。藤川選手が40歳、五十嵐選手が41歳。リリーフという過酷な世界で、ストレートを武器に40歳過ぎまで第一線にいた。天性の才能だけではなく、見えない努力の積み重ねもあったと思います。

 今回は、藤川選手について少し書いてみます。藤川選手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング