週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「福留選手の四球がポイントだった開幕戦。根尾選手には失敗を恐れずにやってほしいです」

 

さすがの存在感を見せた中日・福留


効果的だった代打、代走策


 いよいよシーズンが開幕。私も初仕事として広島─中日の開幕戦(マツダ広島)でテレビ中継の解説をさせていただきました。

 中日が福谷浩司選手、広島が大瀬良大地選手の先発でしたが、広島に1、2回で4点を先制され、しかも大瀬良選手は、ほぼ完璧なピッチング。0対4で迎えた8回は、あきらめムードすら感じられました。

 ここでまず、先頭の木下拓哉選手が二塁打を放ち、投手ゴロで一死となったあと打席に入ったのが、42歳のベテラン・福留孝介選手でした。点差もあったので、大瀬良選手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング