週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「中日はビシエド頼みから抜け出せるのか?」

 

チーム全体50本塁打中15本がビシエドだ[写真右]


巨人の層の厚さ


 オリンピックが終わり、8月13日からペナントレースが再開されました。残り60試合を切り、それぞれ優勝、あるいはCS進出に向け、負けられない戦いが続いていきます。

 私は東京ドームで巨人-中日戦の解説をしました。首位阪神を僅差で追う巨人に対し、中日は10ゲーム以上の差をつけられていますが、これまでの両者の戦いを見ていると、そこまでの力の差は感じません。実際、3連戦前の対戦成績は6勝6敗2分と互角でした。

 まず1戦目ですが、初回に先制点こそ許しましたが、中日先発の柳裕也選手はヒットを打たれながらも粘り強いピッチングを見せ、以後を無失点で切り抜け、7回には四番のビシエド選手の2ランで理想的な流れでの逆転劇となりました。

 ただ、そこから巨人は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング