週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「終盤の戦いのカギを握る1点の重要性」

 

ヤクルトのカギを握る川端


巨人優勝は菅野次第か


 阪神の独走状態となっていたセ・リーグですが、後半戦に入り巨人、ヤクルトが追い上げ、3強状態となっています(9月5日現在)。

 この中で一番抜け出す可能性が高いのは、経験豊富な原辰徳監督が率いる巨人かなと思っています。もともと戦力的には頭一つ抜けていましたが、故障者が多く、なかなか万全の戦いができないままでいました。

 それがここにきて投打のバランスが整い、あとは何と言ってもエース・菅野智之投手の復活です。9月1日のヤクルト戦(京セラドーム)では8回を被安打1、無失点。まだ手探りのところもあるでしょうが、球速も戻ってきましたし、変化球、制球力ともよかった。実力者ですし、体さえ万全ならシーズン最後までチームをけん引していくと思います。

 9月3日からの対巨人(甲子園)に2勝1分けと勝ち越し、首位を走る阪神ですが、新人の佐藤輝明選手がスタメンから外れる時期もあり、やや打線は湿り気味です。それ以上に心配なのは先発投手ですね。抑えのロベルト・スアレス選手をはじめ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング