週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「新人たちを預かる責任の重さをひしひしと感じています」

 

ドラゴンズ新人入団会見にて。中央が筆者


新人選手を預かる責任


 この号は2022年最初の回になります。当初は昨年末で連載を最終回としてもらう予定でしたが、ファンの皆さんに私の考えを伝える貴重な場でもあります。あと数回になるとは思いますが、ぎりぎりまで続けさせていただくことにしました。

 前回のコラムの締め切りは21年12月16日、新人入団会見の前日でした。ドラフト会議自体は監督就任前で関与していなかったのですが、1位のアドゥブライト健太選手、2位の鵜飼航丞選手、3位の石森大誠選手、4位の味谷大誠選手、5位の星野真生選手、6位の福元悠真選手と顔を合わせ、限られた時間でしたが、話をすることができました。

 みな精悍(せいかん)ないい顔をし、体格も素晴らしい。性格も素直で非常に楽しみな選手がそろったなと感じています。ただ、彼らのプレーについては、もちろん映像ではしっかり見ていますが、どうしても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

立浪和義

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング