週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「可能性があると判断すれば若手野手を思い切って起用します」

 

チームの若帰りを進めつつも、大ベテランの福留には「しっかり背中を見せてほしい」と筆者は期待


試験的なDH導入を


 1月19日、12球団の監督会議に出席しました。ただ、出席と言ってもリモートですから、ちょっと、やりづらい雰囲気はありましたね。顔を合わせての会議だと、監督同士で活発な意見交換もあったそうですが、今回はみんな遠慮気味で、ほとんどNPBの方が2022年の規約について説明しただけで終わったような印象です。

 今後のコロナの状況を見ながらの決断になるそうですが、基本的には9回打ち切りではなく、延長12回に戻したい、という説明もありました。9回と12回で戦い方はガラリと変わります。昨年のように先発をすぐには代えられないし、中継ぎの負担はさらに増えます。オリンピックブレークもありませんから、リリーフをいかに回していくかは、どのチームも大きなポイントになると思っています。

 故障や疲労の蓄積で調子を崩すリスクを考えると、負担が大きい勝ちパターン、あるいは同点で7、8回を投げるピッチャーを2班つくるというのも1案では考えています。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

立浪和義

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング