週刊ベースボールONLINE

プロ野球回顧録

優勝から最下位──共通点は「名将」が指揮していたこと?

 

大洋時代の三原監督。「超二流選手」たちを駆使し、1960年に奇跡の優勝をつかんだ



 優勝から最下位……。

 信じられない連敗地獄に陥っていたのが、栗山英樹監督率いる日本ハムだ。4月27日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に5対4で勝利して連敗は10でストップ。まだまだ序盤戦、これから何が起こるか分からないとはいえ、23試合消化時点で5勝18敗は厳しい数字だ。

 近年はパ・リーグで2012年垢瞭本ハムが13年最下位、13年垢楽天が14年最下位と続いたが、歴史をひも解いても決して多いものではなく、2リーグ制後で見ると1960年垢梁舁痢78年垢ヤクルト、80年垢龍疆瓦砲覆襦

 特に70年代半ばまでは、チーム別の戦力格差(補強資金格差)が大きく、セならヤクルト、大洋、広島、パなら近鉄など、いわゆる“負け役”がはっきりしていたこともある。65年秋のドラフト制度導入後、ジワジワと戦力差が詰まっていったが、それでも滅多に起こらなかったレアケースである。

 そして、この崖下に真っ逆さまに転落するような経験をした指揮官には共通点がある。

 すべて名将ということだ。

 60年大洋が三原脩、78年ヤクルトが広岡達朗、80年近鉄が西本幸雄、12年日本ハムが栗山英樹、13年楽天が星野仙一。いずれも複数の優勝経験を持つ監督だ。これは当然と言えば当然で、まず、要は優勝することが、このパターンの半分。プロ野球の世界では勝つことが名将の条件である。加えて、翌年最下位ということは、もともと戦力的に不安定だったということでもある。監督の采配力と勢いで優勝をつかんでも、主力の移籍や故障離脱で簡単に白が黒にひっくり返った、ということだろう。

 それが顕著だったのが60年の大洋である。栗山監督も尊敬する三原監督が“三原魔術”とも言われた奇策を繰り出し、前年の最下位から優勝を飾り、さらに日本シリーズでも大毎(現ロッテ)相手にすべて1点差で4連勝を飾った。だが、翌年は歯車がすべて空回りし転落。その後港茲い砲浪辰錣辰討皸貪戮睛ゾ,砲脇呂い討い覆ぁ「俺がいたから優勝できた」とミーティングで語ったことで、選手との亀裂が生まれたことも一因と言われている。

 過去の例を見ても、指揮官のマジックだけでは長い黄金時代は築けない。奇策や意識改革の効果は短期間しか続かないからだ。

 ただ、栗山監督は大谷の二刀流など、一見マジシャンタイプにも映るが、実は、セオリーにとらわれず、その選手のポテンシャルを最高の形で発揮させたい、という“超正統派”思考が根底にある。しかも、1度、“真っ逆さま”を経験。このままで終わるはずもない。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング