週刊ベースボールONLINE

日本選手権大会レポート

日本選手権3日日! JABA公式サポ・田中優美の熱視線!「日本通運・生田目翼 入社1年目にしてつかんだチームの抑え」

 

11月2日から京セラドームで開幕した第43回社会人野球日本選手権大会。週刊ベースボールONLINEでは、日本選手権大会にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA×グラゼニ社会人野球公式サポーター』が日替わりで発信していきます。本日は田中優美さんです。

あこがれの投手は則本昂大


“強気な気持ち”が自らの武器だという生田目投手


 流通経済大学を卒業し、今年から日本通運に入社した生田目翼投手。

 1年目にしてチームの抑えの座をつかみ取り、今年の都市対抗野球では5試合中、先発投手が完封した2試合を除き、3試合のすべてに抑え投手として登板し、チームを準優勝に導きました。

 そのときのマウンドでの気持ちを「都市対抗が社会人野球選手として初の公式戦だったので、少し緊張していました」と話してくださいましたが、緊張していても1年目から結果を残すところは、生田目投手のメンタルの強靭さがうかがえます。大学時代から監督やチームメートに頼られていたことが自信となり、自らも認める“強気な気持ち”という武器を手に入れたのだと言います。

 そんな生田目投手の尊敬している選手は楽天イーグルスの則本昂大投手。「則本投手は気持ちが強いピッチャー。それが投球に表れているのであこがれています。自分も“打てるものなら打ってみろ”という気持ちで投げています」と教えてくださりました。

 日本通運の藪宏明監督は生田目投手を「1年目なのでまだまだこれからなところもあるが、生田目が成長することがチームの力になっていく。これからも積極的に使っていきます」と生田目投手の実力とノビシロに期待をしている模様です。

 大学3年時、エースとして大学選手権で準優勝に輝きながら、「公務員になりたい」という発言が注目を集めましたが、これについては、「当時の活躍を現実に見えてなく、自分の立場が把握できていなかったために、あの発言になってしまった」と言います。対して今の気持ちは「がむしゃらに野球をやっていき、自分に実力をつけてプロも目差していきたいです」と大学時代とは明らかに違う野球に対する決意を語ってくださいました。

 日本通運は11月4日、日本選手権初戦を沖縄電力と戦い、7対5で勝利。「日本通運というチームを知ってもらうこと、そして自分を見に京セラドームに来てくれたらうれしいです」と語る生田目投手は、応援の声を糧に次の試合に臨みます。

PROFILE

左から成田沙耶加さん、豊島わかなさん、田中優美さん/写真=矢野寿明


なりた・さやか●1990年7月30日生まれ。山梨県出身。ニックネームは「さやくま」。野球観戦歴は家族の影響で幼少時から。趣味は料理とスポーツ観戦、特技は健康食作り。

とよしま・わかな●1986年12月14日生まれ。愛知県出身。ニックネームは「豊ちゃん」。野球観戦歴は小学生のころから。趣味は暗記、特技は歴史に詳しいこと。

たなか・ゆみ●1992年5月21日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「ゆーみん」。野球観戦歴は高校1年生のころから。趣味は動物とたわむれる、特技は脚が柔らかいこと。

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング