週刊ベースボールONLINE

背番号物語

【背番号物語】「#11」チームのエースから世界のエースへ

 

背番号は選手たちの「もうひとつの顔」だ。ある選手が引退しても、またある選手がその「顔」を受け継ぐ。その歴史を週刊ベースボールONLINEで紐解いていこう。

2リーグ分立が最初のエポック


近鉄・野茂英雄


 ほとんどの場合、「1」から「10」までは野手、「11」からは投手が並ぶ。つまり、背番号順に選手が並ぶと、「11」が投手の筆頭となるのだ。「1」がチームの顔と言うべき打者のナンバーだとしたら、「11」はチームの顔と言うべき投手の背番号だ。

 2リーグ分立と時を同じくして、「11」が投手ナンバーとして確立したと言える。その1950年、巨人別所毅彦が背番号を変更して「11」に。初代の日本シリーズ覇者となった毎日には“火の玉投手”と呼ばれた左腕の荒巻淳がいた。

 その後は、「11」の野手は大洋と巨人のシピン、日本ハム大島康徳など稀有だが、1リーグ時代は野手も多かった。巨人の初代は内堀保で、キャッチングに定評があった捕手だ。阪急の2代目は山田伝。ヘソの前でフライを捕るトリックプレーで魅了して“ヘソ伝”と呼ばれた外野手だが、左投げながら二塁も守り、投手としても8試合に登板した万能選手だった。これを河野旭輝が継承したことで、阪急は2リーグ制となってからも韋駄天の系譜だった珍しい例だ。

【12球団主な歴代背番号「11」】
巨人 内堀保、別所毅彦、渡辺秀武角三男斎藤雅樹

阪神 藤井勇野崎泰一御園生崇男三船正俊村山実(昌史)★

中日 野村実三沢淳小野和幸川上憲伸小笠原慎之介

オリックス 山田伝、河野旭輝、戸田善紀佐藤義則松葉貴大

ソフトバンク 安井亀和上田卓三吉田豊彦小椋真介中田賢一

日本ハム 原田清稲垣正夫、大島康徳、ダルビッシュ有大谷翔平

ロッテ 荒巻淳、妻島芳郎水谷則博前田幸長佐々木千隼

DeNA 高橋重行、シピン、斎藤隆山口俊東克樹☆(2018〜)

西武 井上善夫森繁和石井丈裕岸孝之今井達也

広島 拝藤宣雄池田英俊池谷公二郎紀藤真琴福井優也

ヤクルト 成田敬二(啓二)、田所善治郎西井哲夫荒木大輔由規

楽天 一場靖弘福盛和男塩見貴洋、岸孝之☆
(☆は現役、★は永久欠番)

90年からの新たな潮流


日本ハム・ダルビッシュ有


 それぞれの時代に、それぞれの印象を残す好投手がいた。「長続きしない不吉な番号」と言われていた阪神で村山実(昌史)が背負い、悲壮感すら漂う“ザトペック投法”で巨人に立ち向かって「11」唯一の永久欠番に。

 広島黄金時代には独特のフォームで真っ向勝負を繰り広げた池谷公二郎がいた。佐藤義則は阪急からオリックスにかけて「11」の最長となる22年間も背負い続けて、40歳でノーヒットノーランを達成。巨人では渡辺秀武や高橋善正(良昌)、リリーフ左腕の角三男らを経て89年に11連続完投勝利のプロ野球新記録を樹立した斎藤雅樹が翌90年に継承する。

 その90年、近鉄に野茂英雄が入団して「11」を背負うと、“トルネード投法”で旋風を巻き起こす。野茂は海を渡り、その「11」を継承したのがクローザーの大塚晶文(のち晶則)。斎藤隆が先発の一角を担って横浜38年ぶりの日本一に貢献した98年には、「20」がエースナンバーの中日でも川上憲伸が着けて新たな印象を築いた。

 21世紀に入ると、日本ハムではダルビッシュ有から大谷翔平がリレーして、2018年からはエンゼルスでプレーする。野茂は日本人メジャー・リーガーのパイオニアであると同時に、メジャーへ羽ばたく「11」のパイオニアとも言えるだろう。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング