週刊ベースボールONLINE

編集部コラム「Every Day BASEBALL」

開幕先発ローテ入りへ。才木浩人はフィールディング&スローイングもしっかりやる

 

1年目の苦い経験を繰り返さないように、フィールディングとスローイングを試合同様の気持ちで練習している



 今季の阪神キャンプでは、新外国人のロサリオが話題を独占した感があった。しかし、投手のほうへ目を向けると今季20歳を迎える若虎、才木浩人も話題を集めた一人だろう。
 
「先発ローテーション入りを目指す」とはっきりと言える気持ちの強さと同時に、気持ちがこもった思い切りのいい真っすぐも魅力だ。そしてキャンプ実戦では結果を残した。あとはオープン戦でもらうチャンスを確実に生かしていきたいところ。才木本人は「開幕先発ローテ入りへ大事なことは」という問いに、「ケガをしないこと」と答えたところは冷静さも持ち合わせているな、と感心させられた。

 その才木の練習を見ているとすべてに全力なのはもちろんだが、投内練習での二塁、三塁の送球は、よりしっかりと取り組んでいたところが印象的だった。「試合を想定して練習しています」。高卒ルーキー1年目の昨季、多くのことを学んだという。

「(1度)送球が少し上方向にいってしまったんです。そのときに内野手の方が、ボールを捕球しようと背伸びするような感じになったときに、走者の足が先にベースに入りセーフになったことがありました。すごくもったいないことをしたなあ、と思いました」とプロのスキのない走塁を肌で感じ、2度と失敗しないように練習に励んでいた。

「まだまだ、練習でベースの上に行かずに、少しそれることがあるんです。100パーセントの確率で送球できるようにやっています」

 一軍で先発として定着するには、フィールディング&スローイングも一流にならなければいけない。それを理解し、一軍キャンプで繰り返し練習する才木。迫力のある投球フォームとともに、彼のフィールディングとスローイングにも注目していきたい。

文=椎屋博幸 写真=小山真司

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング