週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/4月7日

ダイエー・村田勝喜、3度目の開幕投手で勝利【1991年4月7日】

 

勝利を飾った村田(右)と田淵監督


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は4月7日だ。

 ソフトバンクの前身、ダイエーがまだ弱かった時代の話をしよう。

 1990年、ダイエーは前年7勝8敗、星稜高からプロ入りし3年目の村田勝喜を開幕投手に選んだが、このときは雨で中止となり、登板はスライドしなかった。

 この年、7勝15敗、防御率5.79だった村田だが、やはり91年のオリックス戦(GS神戸)の開幕投手に指名される。これは順当だろう。規定投球回未到達の山内孝徳と並び、7勝はチームの勝ち頭だったのだから。田淵幸一監督1年目の90年は41勝しかできず最下位。とにかく弱かった。

 しかし開幕予定の4月6日は、またも雨で中止。3度目の正直で無事、開幕投手となった7日も雨模様で、足元がぬかるむ悪条件だった。

 村田も制球が定まらぬまま、初回に味方が先制してくれた1点を1、2回で1点ずつ失い、あっさり逆転されてしまった。

 前年までの村田なら、このままズルズルいってしまうところだが、この日は違った。強打のオリックス相手に粘り強く投げ、味方打線も7回表に3回の援護。その裏、打球を右足に受けたが、リズムを崩すことなく完投。5対2でダイエーは勝利した。

 村田は同年13勝。見事エースの活躍をしたが、チームは5位に終わった。 

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング