週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/4月29日

ダメ虎の星? 阪神・和田豊が開幕21試合連続安打【1997年4月29日】

 

記念のボールを手に笑顔


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は4月29日だ。

 ダメ虎時代真っ只中の1997年の話だ。4月15日からの6連敗で定位置の最下位に座った阪神だったが、そこから4位に浮上して挑んだ4月29日の巨人戦(東京ドーム)でチームリーダー、和田豊が快記録を達成する。

 初回、一番打者の和田は巨人先発のガルベスから右中間への二塁打。レインズ(阪急)が1954年に樹立した開幕から20試合連続安打を破り、21試合連続の日本新記録を達成した。チームも6対4と勝利。3位となった。

「意識はしてなかったはずなんだけど、打席に入ったら開幕戦の第1打席のようなプレッシャーがあった。打ててほっとしたよ」と和田。球場に呼んだ両親も大喜びだった。

 吉田義男監督は「よくやってくれている。素晴らしい記録を作ってくれました」と大絶賛。ただ、思い起こせば、この指揮官自身がキャンプ前は和田に引導を渡しかけていた。「守れない内野手はいらない」と言い、セカンドから和田を外し、ドラフト1位の大型新人の今岡誠を起用するとほのめかしていた。

 ここでくさってしまえば、そこまでだが、和田は黙々と努力を続け、セカンドを勝ち取り、この年は開幕から内野陣をまとめていた。

 おとなしいタイプで、常にフォア・ザ・チームに徹する和田は、逆に言えば、花のない地味なタイプ。「ふだんは試合に負けたときだけ記者が寄ってくる」と苦笑していたプロ13年目のベテランは「プロ入りしてから、いまが一番注目されているかもしれないですね」と照れた。

 記録は24試合まで延びている。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング