週刊ベースボールONLINE

プロ野球仰天伝説

土井正三の友人が驚いた川上哲治監督のスピーチ/プロ野球仰天伝説137

 

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。

ONがいたから……


川上監督(77)と厚い信頼関係で結ばれていた土井正三


 頭脳的な二塁守備と、つなぎに徹したバッティング。土井正三は巨人V9に欠くことのできない名バイプレーヤーだった。生涯5度、リーグ最多をマークした送りバントは代名詞ともなっている。ただ、本来は人の陰で満足する男ではない。

「自由に打てば、もっといい個人成績は出せたと思います。ただ、次がON(王貞治長嶋茂雄)ですからね。あの2人だからこそ、僕らも割り切ってチームバッティングに徹することができたんです」

 土井の結婚式での川上哲治監督のスピーチもある意味、すごかった。

「土井君にはONのお膳立てになってもらいます。これからも徹底してワキ役になってほしい。どんないい役者を主役にしても、ワキ役がいなきゃダメなんです」

 土井は「結婚式のときくらいは主役になれ、でいいのにね。仲間たちがびっくりしていました」と苦笑いしていた。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング