週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/5月13日

西武・西口文也「ノーヒットノーランなんか、やっていいのかという気持ちだった」【2005年5月13日】

 

9回二死から本塁打で記録ならず


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は5月13日だ。

 試合後、報道陣が西武西口文也を囲み、ある言葉を引き出そうと必死に質問をぶつける。

「悔しかった」である。

 ただ、当時パ・リーグの現役最多勝投手だった男は笑って「全然」と言い続けた。

 2005年5月13日、交流戦の巨人戦(インボイス)、先発した西口はスライダーのキレとコントロールが抜群だった。セ・リーグではお目にかかれないボールに巨人打線は完全にお手上げ。2回表、清原和博の死球以外、まったく走者を出すことができなかった。

 そして9回表の巨人の攻撃もあっさり二死。しかし、ここで清水隆行が西口2球目のスライダーをライトスタンドに叩き込み、ノーヒットノーランも完封もパーとなった(試合は6対1で西武の勝利)。

「完ぺきに打たれたからすがすがしい。ノーヒットノーランなんかやっていいのか、という気持ちだったから」と西口。

 02年8月26日のロッテ戦(西武ドーム)でも9回二死までいきながら記録を逃している西口は「2度も阻まれたのがタイ? 日本シリーズの5連敗もタイだし、いいんじゃないすか」。

 なお、この人のあと一歩のドラマにはまだ続きがある。それはいずれまた。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング