週刊ベースボールONLINE

球団別オールタイム・ベストオーダー

東京ヤクルトスワローズ“管理野球”と“ID野球”のマッチング/球団別オールタイム・ベストオーダー

 

80年を超えるプロ野球の歴史は、それぞれの球団、それぞれの監督や選手たちが紡いできたものだ。1人1チームを原則に、名将、名選手たちが時空を超えて集結。オールタイムの“優勝チーム”を探してみよう。

歴代の背番号1が4人



 1970年にヤクルトアトムズとなり、74年には初代ニックネームが復活してヤクルトスワローズに。国鉄時代から低迷が続くチームが初優勝、日本一に輝いたのが78年だ。

 90年代は野村克也監督の“ID野球”で黄金時代に。21世紀で初の日本一チームとなり、2015年にもリーグ優勝。現在の東京ヤクルトスワローズとなったのは06年からだ。

 ここでは70年から現在までのヤクルト時代からベストオーダーを選出してみたい。

【ベストオーダー】
監督・広岡達朗

一(二)山田哲人

二(中)青木宣親

三(左)若松勉

四(右)バレンティン

五(一)広沢克己

六(遊)池山隆寛

七(捕)古田敦也

八(三)宮本慎也

九(投)松岡弘

 ミスター・スワローズの象徴でもある背番号1を着けた歴代の好打者がズラリと並ぶ。リードオフマンは現役の背番号1で二塁手の山田哲人。“先代”の背番号1で、18年にメジャーから復帰して通算4000打数に到達、通算打率で歴代1位に躍り出た青木宣親が若手時代の二番で続く。

 三番は若松勉。背番号1を“ミスター・スワローズ”のナンバーとした“小さな大打者”で、01年の日本一監督でもある。四番は13年にシーズン本塁打のプロ野球記録を更新してMVPとなったバレンティン。青木が現在の中堅、若松が若手時代と現役後半の左翼、バレンティンが13年までの右翼に入り、強打の外野陣を形成する。

 以降はID野球を知る強打者たち。五番、六番は広沢克己、池山隆寛の長距離砲コンビで、“申し子”古田敦也が捕手としてセ・リーグ初の首位打者となった91年に多かった七番に。若手時代の八番に入り、背番号1の岩村明憲を控えに追いやったのが宮本慎也だ。チームへの貢献度では歴代の背番号1にも負けていない。実際には池山を三塁に追いやったが、ここではゴールデン・グラブを経験した遊撃に池山が残る。

 本塁を古田が死守し、“イケトラ”の間に現役の山田、ホットコーナーに屈指の功労者がいる内野陣。打線でNPBの他チームに所属したのは広沢だけで、ヤクルトひと筋の好打者ばかりなのも心強い。

 同じくヤクルトひと筋で、岩村と同様に泣く泣く控えに回った三塁手が角富士夫だ。あえて控えに温存したのが92年の日本シリーズで代打サヨナラ満塁本塁打を放った杉浦享(亨)。左右の強打者が代打の切り札として出番を待つ。外野手では黄金時代の荒井幸雄飯田哲也秦真司ら、助っ人ではホーナーやハウエルもいて、層の厚さは十分だ。

ヤクルトひと筋の“捕手三本柱”も


ヤクルト・古田敦也


 初の日本一に導いた松岡弘がエース。通算勝利で松岡に続くのが現役の石川雅規だ。この左右両輪に、他チームやメジャーに去ったが、黄金時代の石井一久川崎憲次郎ら左右のスターターが加わる。

 対照的に低迷期を支え続けた尾花高夫も忘れがたい存在。スターターはスローボールの“本格派”安田猛や、短い期間で強烈な輝きを放った岡林洋一伊藤智仁ら多彩で、クローザーには高津臣吾がいる。司令塔ではヤクルトひと筋の大矢明彦八重樫幸雄もいて、バッテリーは盤石だ。

 優勝回数では野村監督がダントツだが、ここでは南海の主砲。率いるのは初の栄光に導いた広岡達朗監督だ。“管理野球”と“ID野球”のマッチングで王座を狙っていく。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング