週刊ベースボールONLINE

週刊ベースボール60周年記念企画

阪急・西本幸雄監督就任/週べ1962年11月26日号【243】

 

 今年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永く、お付き合いいただきたい。

小山正明は大毎へ行くのか


表紙は左から巨人長嶋茂雄、デトロイト・タイガース、ケーライン


 今回は『1962年11月26日号』。定価は40円だ。

 阪急は戸倉勝城監督が辞任し、西本幸雄コーチが監督昇格。
「近代野球は打たなくてはファンから見捨てられる。攻撃は最大の防御。立て直しには打てるチ―ムにすることだし、それ以外ない」
 と抱負を語る。62年の阪急は5位。チーム打率は.229でリーグ最下位だった。
 西本監督は、大毎監督時代の部下でもある山内一弘獲得を球団に頼んだという。

 一方、山内のいる大毎は宇野光雄監督を解任し、南海・鶴岡一人監督と移籍交渉をしていたが、断念し、現役時代はサイン盗みの名人と言われた本堂保弥監督が就任した。こちらは、
「機動力がないようでは近代スポーツと言えません。野球は走ることがすべてなんです。いや、すべてに通じるんです」
「近代スポーツ」は当時の流行語だったのか。
 こちらは4位。チーム打率はリーグ1位の.268だが、盗塁はリーグ5位の75だった。
 本堂監督、というより大毎は、阪神小山正明獲得狙い。すでに4年前から動いていたものでもある。
 同じく阪神─大毎の田宮謙二郎と小山が親しく、さらに、この年で小山は10年選手の権利も得ているので、小山と阪神との交渉次第では実現の可能性も十分にあった。

 左目にボールが当たり、入院が続いていた阪神・三宅秀史は現時点で左目の視力が0.04まで落ちた。一時は大毎が獲得に動いていたようだが、その情報を聞き、断念した。阪神は外野手のソロムコにサードを練習させ始めたようだが、結局公式戦でのサード出場は一度もない。

 以下宣伝。
 週べ60年記念シリーズ『巨人編』『日本ハム編』『阪神編』『ロッテ編』が発売中。現在、『広島編』を6月29日発売予定で鋭意制作中です。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング