週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン・東京五輪の試合日程・速報はこちら

プロ野球伝説の名勝負

ノーヒットノーラン一転!四番・落合のサヨナラ本塁打/プロ野球伝説の名勝負

 

まさに野球はツーアウトから!


逆転サヨナラ3ランを放った落合


1989年8月12日
ナゴヤ球場
中日4x−3巨人

「こんな試合は見たことがない!」

 アナウンサーの興奮した叫び声が聞こえてきた。

 それもそうだ。このアナウンサーはほんの15分前までは巨人の勝利、いや斎藤雅樹の目前に迫ったノーヒットノーランについて、とうとうと視聴者に対して説明していたのだから。

 9回裏一死まで斎藤は中日打線を1四球無安打に抑え、ノーヒットノーランが達成されてしまうのではないかという重々しいムードがナゴヤ球場を覆っていた。得点は0対3。

 その空気を一変させたのは代打・音重鎮の鋭いライトへのヒット。ドッと歓声が沸く。斎藤は続く彦野利勝を打ち取り二死としたものの、川又米利に四球、仁村徹に右前安打を打たれ、1点を返されてしまう。

 そして打順は四番・落合博満。初球ボールに続く2球目、141キロのストレートは右中間スタンドへ。まさかの逆転サヨナラ3ランに、割れんばかりの大歓声で熱狂するドラゴンズファン。

 9回表に巨人が3点目を取った時点で、ほとんどの人間が巨人の勝ちを確信し、うまくいけば斎藤のノーヒットノーランが見られると思っていた。それがフタを開けてみれば奇跡の大逆転で中日が勝利という結果に。これぞ野球の醍醐味で、9回裏二死からの奇跡だ。

 斎藤はこの年、11連続完投勝利の記録を作り、20勝を挙げた。絶頂期であった斎藤から劇的サヨナラ本塁打を放つ落合には、野球の神様がついていたのかもしれない。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング