週刊ベースボールONLINE

川口和久WEB コラム

楽天・久保裕也、「勝ち投手はいらない」と言った男の素晴らしき野球人生(川口和久WEBコラム)

 

腕がちぎれても投げたいというヤツ


ヒーローインタビューも久保だった




 7月27日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、育成から支配下に戻ったばかりの楽天久保裕也が勝利投手になった。
 
 おめでとう、と言いたいところだが、お前はまた言うのかな。
「僕、勝ち投手はいらないです」と。

 2003年に東海大から巨人に自由枠で入団し、最初は先発だったけど、俺がコーチになった11年はリリーフで投げまくっていた。
 野球が好きで、腕がちぎれても投げたいという男だった。

 11年は完璧だったけど、股関節とかヒジの故障もあって以後は厳しい時期もあった。
 14年はなんとか復帰したけど、体はまだ万全じゃない状態。原辰徳監督は、同じ東海大出身ということもあって久保には厳しかったけど、俺は「僕の責任で使わせてくれませんか」と言ったことがある。

 以前のパフォーマンスを期待したわけじゃない。
 俺は優勝するチームには7回以降を抑えきる確立されたリリーフ陣も大事だけど、先発が早めに崩れたときの4、5、6回で踏みとどまる投手も必要だと考えていた。

 それに久保が使えないか、と思ったんだ。

 あいつは本当に投げるのが好きで、キャンプでトータル1800球投げたこともある。リリーフなのにね。先発に「久保が1800球を投げているのに、なんでお前たちは投げられないんだ」と言ったこともある。

 いつだったか忘れたけど、あいつが、
「僕、勝ち投手はいらないです。投げられたらいいんです」
 と言った。そんな投手は初めてだったからびっくりした。
 強がりじゃなく、ほんと投げるのが好きで、またよく研究していた。

 一度、ブルペンでいつもと違う投げ方をしていたんで、「投げ方がおかしくないか」と聞いたときは、「肩が痛いんで、痛くない投げ方をしているんです」と言っていた。「ほんとか、そんなのあったら教えてくれよ」といったけど、これ、実はすごいことなんだ。
 痛みがないだけではなく、実戦で使えるものだったしね。

 そのあと巨人、移籍したDeNAを戦力外になって17年、楽天にテスト入団。でも、オフには血行障害で育成に落ちた。

 正直言えば、ふつう野球やめるよね。そのときでもう37歳だし。
 でも、あいつは、そこで自分には野球しかない、となった。あいつらしいね、俺はすごくいいなと思った。

 それでいま、一軍にいる。たぶん研究して血行障害でも投げられるフォームを見つけたんじゃないかな。
 
 華やかではないけど、これもまた、素晴らしい野球人生だと思う。

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング