週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

パ・リーグ6球団“新戦力”補強事情は?

 

2018年シーズンの補強期限が7月31日で終了した。上位進出のために各球団は新外国人、トレードなどで弱点をカバーする戦力を積極補強。ここではパ・リーグ6球団の2月1日、キャンプイン以降の“新戦力”を整理してみた。

埼玉西武ライオンズ



【トレード】
榎田大樹投手
小川龍哉投手

【新外国人】
ヒース投手
マーティン投手

 チームにとって“救世主”となったのが榎田大樹だ。先発左腕不足を解消するために3月中旬、岡本洋介との交換トレードで阪神から移籍。すると巧みな投球術、フィールディングなど高い総合力をマウンド上で発揮した。確実に試合を作るピッチングを披露し、ここまで7勝を挙げ、チームが開幕から首位を走る原動力となっている。弱点の投手力、特に中継ぎ陣に破綻をきたしていたため、5月上旬に独立リーグから広島にも在籍していたヒース、7月下旬には中日から金銭トレードで左腕・小川龍也をチームに加入させ、さらに、7月26日には元レッドソックスの右腕・マーティンの獲得を発表。現在、確固たる守護神不在のため、マーティンがそこを埋める存在となれるか。10年ぶりの優勝へ、200センチの長身右腕にかかる期待は大きい。

北海道日本ハムファイターズ



【トレード】
藤岡貴裕投手

 逆転Vに向け、日本ハムらしい衝撃度の高いトレードを敢行した。岡大海ロッテの藤岡貴裕の交換トレードが7月26日に電撃的に成立。外野のレギュラー候補の1人であった岡の放出には賛否の声もあるが、チームとしては新たな左腕投手の台頭、獲得は近年の課題の1つであっただけに、藤岡が投手陣の起爆剤的な存在になりそうだ。昨年は不振で10試合登板、今シーズンも二軍調整が続いていたが、2012年のドラフト1位と潜在能力は誰もが認める素材。「新たな環境で結果を出して、チームの勝利に貢献したい」。先発、中継ぎでフル回転の活躍が期待される左腕。2年ぶりの覇権奪回の使者となれるか。

福岡ソフトバンクホークス



【トレード】
市川友也捕手
美間優槻内野手
松田遼馬投手

【新外国人】
Y.グラシアル内野手
A.ミランダ投手

【支配下昇格】
堀内汰門捕手
大竹耕太郎投手

 故障者が相次いだ捕手陣の補強を開幕前後から行ったが、期限ギリギリにも交換トレード2件に、新外国人、支配下登録と駆け込み補強を敢行。美間優槻以外の3選手は投手で、しかも支配下登録されたばかりのルーキー左腕・大竹耕太郎をさっそく8月1日の西武戦(メットライフ)の先発に大抜てきするなど、厳しい台所状況が浮き彫りだ。とはいえ、大竹はここまで制球力抜群のストレートと緩急を武器に二軍で8勝(0敗)、防御率1.87と結果を残しており、「かしこまることなく、背伸びすることなく投げたい」と一軍初登板初先発にも気負いはない。昨季も石川柊太松本裕樹モイネロら新戦力がチームのピンチを救ってきただけに、背番号「10」の救世主誕生にかかる期待は大きい。

千葉ロッテマリーンズ


ロッテ・岡大海


【トレード】
岡大海外野手

【新外国人/テスト入団】
ペゲーロ外野手(退団)

【テスト入団】
大隣憲司投手
李杜軒内野手

 藤岡貴裕を放出して岡大海を迎える日本ハムとの交換トレードは的確だった。攻守走を兼備した右の外野手は長期離脱した荻野貴司の穴を埋めるのに打ってつけの存在で、入団会見を行った翌日、7月29日の西武戦(ZOZOマリン)でさっそく「七番・中堅」としてスタメンに名を連ねた。だが補強戦略全体には疑問が残る。春季キャンプでテスト入団した大隣憲司、李杜軒、ペゲーロは補助戦力にもなり得ておらず、シーズン中に大嶺翔太が引退、ペゲーロは退団と出ていく一方。支配下選手は12球団最少の65人だ。チーム打率に比して得点数、本塁打数は少なく、得点源となる大砲はいまだに明確な補強ポイント。質量両面から見て、本気で上位進出を狙うなら村田修一(BCL/栃木)獲得などは現実的な策であったはずだが……。

オリックス・バファローズ



【トレード】
高城俊人捕手
白崎浩之内野手

【新加入】
岩本輝投手

【新外国人】
ローチ投手

【支配下昇格】
榊原翼投手
佐野皓大外野手

 開幕直前に高卒2年目の榊原翼を支配下登録。投手陣に厚みを持たせてシーズンに入ったが、打線の調子が上がらず、救援陣、特に勝ち継投の投手たちに負担が増すと、7月に入り元阪神で、独立リーグでプレーしていた岩本輝を緊急補強。さらに新助っ人としてローチを獲得。いずれもすでに一軍で登板し、投手陣の負担を軽減させている。一方の野手は伊藤光赤間謙との交換トレードでDeNAから白崎浩之、高城俊人が加入。小谷野、中島の両ベテランの故障離脱もあり、白崎はすでに三塁で先発出場するなど早くも戦力に。さらに7月31日、佐野皓大を支配下に昇格させ、外野手登録とした。チームは8月を前に大型連敗を喫しているが、“新戦力”は機能するか。

東北楽天ゴールデンイーグルス



【支配下昇格】
久保裕也投手
石橋良太投手

 昨オフに育成降格となっていた右腕2人が、支配下に返り咲いた。久保裕也は5月5日に支配下登録されると、ここまで12試合に登板。中継ぎとして復活の1勝を挙げるなど、防御率2.57の安定感でブルペンを支えている。また、7月27日には石橋良太が登録された。今季はファームで18試合に登板して防御率2.52と復調の気配を見せている。2017年は一軍登板がなかっただけに、まずは2年ぶりの一軍マウンドを目指す。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング