週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

限界を超えろ。楽天ドラフト1位・辰己涼介の挑戦

 

野球が好きな「野球バカ」と自認する



 10月25日のドラフト会議、1位指名を終えた平石洋介監督は、興奮気味に振り返った。

「欲しかった選手。石井(一久)GMがよく引いてくれた。素直にうれしい」

 1回目の入札では3球団競合の末、藤原恭大(大阪桐蔭高)を外していた。2回目に指名した辰己涼介(立命大)には4球団が競合。そこで訪れた歓喜だった。「肩の強さは今のプロ野球界でもトップクラス。スターではなく、スーパースターになれる器」と賛辞を惜しまなかった。

 一方、京都にある立命大で抽選を見守っていた辰己は「とりあえず楽天カードを作るところから始めます」と語り、会場を沸かせた。さらに、バックボードの立命大の「R」と楽天の「R」を引き合いに出し、「ご縁があるんだな」と語った。ジョークを交えながらの余裕ある応対には、すでに大物の風格が漂っていた。

 また、色紙に記した言葉もユニークだった。「野球バカ」。「野球が大好きなんです。プロで野球を究めてきた人たちと大好きな野球ができることが楽しみで仕方ない。ワクワクしかないです」と、笑顔でその理由を語った。普通なら「開幕一軍」や「新人王」など、目標を書き込みそうなところだが、辰己は愛用のグラブに入れているフレーズを、新たな出発の際にも使用した。

 身体能力が高く、50メートル走は5秒7、遠投125メートルという数字が際立つが、その言葉もまた、スーパースターの予感が漂う。立命大の「R」の下に記されていたのは「Beyond Borders」。「限界を超えろ」。この言葉が、プロの世界に飛び込む辰己のテーマとなりそうだ。

文=富田 庸 写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング