週刊ベースボールONLINE

プロ野球FA史

【FA史】新井貴浩が“涙のFA宣言”で阪神へ/2007年

 

1993年オフからスタートしたFA制度。いまや同制度は定着し、権利を得た選手の動向は常に注目されている。週べONLINEでは、そのFAの歴史を年度別に振り返っていく。

「つらいです。カープが好きだから」


FA権行使を表明する会見で涙を流した新井貴浩


 外国人選手の移籍が目立った2007年オフ。珍しくFA市場に手を出さなかった巨人だったが、ヤクルトから最多勝のグライシンガー、打点王のラミレスを、横浜からはクローザーのクルーンを獲得する。

 同一リーグ内の移籍ということもあり、古巣チームの戦力にダメージを与えることにも成功して、2年連続で打点王に輝いてMVPにも選ばれたラミレスを筆頭に、グライシンガーも2年連続で最多勝、クルーンは初の最多セーブとなり、いずれも主力としてリーグ優勝に貢献。巨人は補強によって覇権を勝ち取ったと言える。

 一方、その巨人を自由契約になったパウエルにはオリックスソフトバンクとの二重契約問題が勃発。最終的にソフトバンクへの移籍となったが、精彩を欠いた。また、長距離砲のカブレラ西武からオリックスへ。全盛期ほどではないにせよ、強打は健在だった。

 投打の主力が抜けたヤクルトからは、07年シーズン途中に加入したシコースキーロッテへ。FAでも大物が去っていった。

【2007年オフのFA移籍】
11月25日 石井一久(ヤクルト→西武)

12月7日 新井貴浩(広島阪神

12月26日 和田一浩(西武→中日

 06年にメジャーから復帰していた左腕の石井がヤクルトから西武へFA移籍。11勝を挙げてリーグ優勝、日本一に貢献した。

 打者の大物2人のFA移籍はドラマチックだった。新井は広島で“涙のFA宣言”。「1カ月、悩み抜いての結論。残留したら、いつか後悔するかもしれない。つらいです。カープが好きだから。FAなんて、なかったらいいのに」と会見で号泣した。

 新天地の阪神でも主軸を担い、東日本大震災では選手会長として両リーグ同時開幕を訴えた11年には打点王に輝くなど、グラウンド内外で活躍。14年オフに自由契約を申し出て古巣の広島へ復帰する。16年には通算2000安打に到達。同年はシーズンMVPに輝き、その後もカープのリーグ3連覇の精神的支柱となった。

 西武から中日へFA移籍したのが和田。中日は地元の岐阜県に近く、幼いころからのあこがれでもあった。移籍1年目から主力となって黄金時代に貢献し、プロ14年目にしてスタンスを広げるなどフォーム改造を試みた10年に打撃爆発、高目の球を狙い打ちして自己最多の37本塁打を放ち、出塁率.437で最高出塁率のタイトルを獲得、MVPにも選ばれている。14年には通算2000安打に到達し、15年限りで現役を引退した。

人的補償から初のタイトルホルダーも


 FAの人的補償で移籍した選手の活躍も目立った。石井の補償でヤクルトへ移籍した福地寿樹は新天地1年目から2年連続で盗塁王。人的補償で移籍した選手では初のタイトルホルダーとなった。

 新井の補償となった赤松真人は外野守備でのスーパーキャッチで“スパイダーマン”と呼ばれる活躍を見せ、のちに復帰した新井ともチームメートに。和田の補償で西武へ移籍した岡本真也もセットアッパーとしてリーグ優勝に貢献した。

 このオフにFAで海を渡った唯一の選手が楽天のクローザーだった福盛和男。横浜から移籍した近鉄で球団合併を経て楽天でプレー、4チーム目となったのがレンジャーズだった。08年からの2年契約だったが、マイナーからのスタートとなった09年、ほとんどメジャーに上がれる可能性がなかったことから自ら契約を破棄して6月に楽天へ復帰した。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング