週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

パ・リーグ6球団 2018年ベストゲームは?

 

2018年はペナントレース858試合、クライマックスシリーズ13試合、日本シリーズ6試合と計877試合が行われた。数々の激戦がファンを熱狂させたが、果たして各球団のベストゲームは? パ・リーグ6球団の今季最高の試合を見ていこう。

福岡ソフトバンクホークス


2年連続日本一となったソフトバンク


■11月3日 広島戦(マツダ広島) 2対0

 最高の形でシーズンを締めくくった。王手をかけて迎えた日本シリーズ第6戦。真っ赤に染まった敵地・マツダ広島で、先発マスクの甲斐拓也が、まずは魅せる。1回裏一死一塁で田中広輔が盗塁を試みると、素早く二塁送球。一度はセーフとされたが、リクエストにより判定が覆りアウトに。シリーズ新記録となる5連続盗塁阻止。いきなり“甲斐キャノン”炸裂して球場が沸いた。2回二死一、三塁では一塁走者・安部友裕を刺して記録を6連続まで伸ばした。守備から勢いづいたチームは、4回無死一、二塁から前日8年ぶりに犠打を決めた内川聖一が再び犠打を決めて一死二、三塁と好機を広げると、西田哲朗の意表を突くスクイズで1点を先制。5回にはグラシアルのソロで追加点を奪った。投げても先発のバンデンハークが2ケタ10奪三振の好投を見せれば、最後は守護神・森唯斗がピシャリ。チーム一丸で2年連続の日本一を成し遂げた。

埼玉西武ライオンズ


史上初の大逆転勝利にナインは沸いた


■4月18日 日本ハム戦(メットライフ) 9x−8

 今季、10年ぶりの優勝を飾ったが、その原動力となったのはプロ野球歴代3位、球団史上最多の792得点を挙げた超強力打線だった。“山賊打線”とも呼ばれた打撃の力をまざまざと見せつけたのが、4月18日の日本ハム戦(メットライフ)だ。投手陣が打ち込まれ8回表終了時で0対8と劣勢の展開。しかし、その裏、打者11人で7点を奪い、1点差に詰め寄ると、9回裏、源田壮亮浅村栄斗の連打と四球で無死満塁とする。ここで打席に立ったのは森友哉石川直也の投じた149キロのストレートを強振すると、前進守備の右中間を破る一撃に。2者が生還し、西武がサヨナラ勝利を遂げた。「逆転できる雰囲気があった」と森。プロ野球史上初となる8、9回の2イニングで8点差をひっくり返す大逆転劇だった。

北海道日本ハムファイターズ


サヨナラ安打を放った中田翔


■8月1日 ロッテ戦(帯広) 8x−7

 投手陣が崩れ、打撃陣も相手の先発・有吉優樹を打ちあぐねて8回表を終わって1対7と6点のビハインド……。だが、ここから極上のドラマが幕を開ける。8月1日のロッテ戦(帯広)、8回裏に代打・杉谷拳士のソロ、レアードの3ランなどで一挙5点を奪って1点差にまで詰め寄る。さらに9回には近藤健介の適時打で同点に追いつき、なおも一死三塁のチャンスで打席には四番の中田翔。球場のボルテージが最高潮に高まる中、益田直也の2球目の甘く入ったカットボールを振り抜き、左翼線を破る劇的なサヨナラタイムリー!「無我夢中でしたし、打った瞬間は抜けてくれと願っていました」と頼れる主砲が帯広のファンに最高の瞬間を届けた。

オリックス・バファローズ


お立ち台に上がったT-岡田(左)、吉田正尚


■6月13日 広島戦(京セラドーム) 12対5

 初回に3点を先制されるも、2回裏にT-岡田の3ランで同点に。再びリードを許したが、1点を追う5回裏、大城滉二、ロメロ、吉田正尚、西野真弘の4者連続適時打が飛び出すなど、2四球に4安打を絡めて再逆転に成功。6回裏には小田裕也のソロ、7回裏にはT-岡田が、この日2本目となる3ランを放って12安打12得点を奪ってセの首位チームを圧倒した。得点力不足に悩んだ今季も、個の打力は決して低くはない。つながりを増した打線に、効果的に一発を放つなど、目指すべき攻撃を体現した試合だった。

千葉ロッテマリーンズ


初回に適時三塁打を放った菅野剛士


■3月31日 楽天戦(ZOZOマリン) 6-2

 さっそく見せた“足攻”で井口資仁体制の初白星を挙げた。新監督が掲げた“走塁改革”の効果は開幕2戦目の初回に発揮された。一番・荻野貴司が初球を左前に運ぶと、すかさず二盗。2球で無死二塁とすると、一死三塁から中村奨吾の二ゴロで先制。四番・井上晴哉のソロで1点を追加し、さらに二死一塁から菅野剛士が一塁の横を鋭く抜ける打球を放つ。一走の鈴木大地がわき目もふらずに本塁へと突っ込み、菅野も三塁へ到達。3点をもぎ取って試合の主導権を握った。投げては先発・ボルシンガーが7回途中1失点の粘投。“足”でつかんだ今季の初勝利だった。

東北楽天ゴールデンイーグルス


プロ初のサヨナラ本塁打を放った山下斐紹


■7月24日 日本ハム戦(楽天生命パーク) 10x−8

 山下斐紹のプロ初本塁打が、延長戦にもつれ込んだ熱戦にピリオドを打った。7月24日の日本ハム戦(楽天生命パーク)、中田翔の2点適時二塁打などで、3回までに3点リードを許した楽天。それでも1点ずつ返していくと、8回に島内宏明の適時二塁打で7対7の同点に追いついた。試合は延長戦にもつれ込み、10回に日本ハムが代打・鶴岡慎也の適時二塁打で勝ち越し。それでも楽天はその裏、二死から連打で一、三塁の好機を作ると、銀次の内野安打で再び同点となる。そして迎えた11回、一死一塁から山下が右翼ポール際に本塁打を放ち、劇的な幕切れが訪れた。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング