週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

かつてのエース番号「17」を継ぐドラ1右腕

 

プロでの大成を目指す清水



 ヤクルトからドラフト1位指名を受けた国学院大の最速151キロ右腕・清水昇が11月18日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金9000万円、年俸1400万円で仮契約した。

 その席で提示された背番号は「17」。清水は「歴代、すごい方がつけているイメージ。背番号負けしないように。『ヤクルトの17番は清水』と覚えていただけるように頑張っていきたい」と決意を新たにしていた。

 ヤクルトの「17」といえば、松岡弘の印象が強い。1968年に前身あるサンケイアトムズに入団した当初は「25」だったが、翌年から「17」に。右のエースとして台頭すると、78年には16勝を挙げて球団初のリーグ優勝、日本一に貢献した。通算191勝をマークした大投手であり、対巨人34勝というGキラーとしても知られている。

 その後は川崎憲次郎川島亮らが背負ったが、最近ではこの番号がマウンド上で躍動するシーンが見られていない。2015年にロッテからFA移籍したサウスポーの成瀬善久がこの番号を着けたが、4シーズンで6勝しか挙げられず、今オフに戦力外となり退団した。

「外れ外れ」の1位で、ほかのドラ1と比べれば注目度は落ちる清水だが、プロはもちろん実力勝負。自らの右腕で、再びその価値を高めたいところだ。

文=富田 庸 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング