週刊ベースボールONLINE

2018シーズン総括

2018ソフトバンクホークス10大トピックス

 

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年のソフトバンクホークス10大トピックスを見ていこう。

1位「下克上で2年連続の日本一」


歓喜に沸くナイン


 CSで3位日本ハム、リーグVの西武を倒し、日本シリーズへ。広島に4勝1敗1分けで、球団史上初となるV逸からの日本一を成し遂げた。シリーズMVPは6連続盗塁阻止の甲斐拓也

2位「内川聖一が通算2000安打達成!」


 5月9日の西武戦(メットライフ)、中前打で。王手をかけてから15打席目、内川らしい右方向への打撃にガッツポーズ。

3位「規定投球回到達者ゼロ」


 相次ぐ離脱、不調による二軍降格、中継ぎ転向、5回もたずにKOなどで、チーム最多投球回は千賀滉大の141回。

4位「ホークス一筋2選手が引退」


娘さんから花束をもらう本多


 10月6日に引退試合を行ったホークス一筋13年の本多雄一(写真)に続き、11月29日には同15年の城所龍磨も引退を発表。

5位「チーム202HR&20発カルテット」


 柳田悠岐36本、松田宣浩32本、デスパイネ29本、上林誠知22本。チームのシーズン本塁打200超えは2010年の巨人ぶり。

6位「リリーフの核が相次いで離脱」


 岩嵜翔が右ヒジ、サファテが右股関節の違和感を訴え、開幕直後に離脱。どちらも手術を受け、今季中の復帰は叶わず……。

7位「上林誠知14三塁打」


上林は全143試合に出場し、14三塁打をマーク


 積極果敢な走塁で、上林誠知がNPB65年ぶり、2003年の村松有人(現コーチ)超えの歴代4位タイとなる14三塁打をマーク。

8位「規格外過ぎるギータ」


 残した数字だけでなく、4月に記録したサイクル安打、日本シリーズ第5戦で放ったバットを折りながらのサヨナラ弾など衝撃的。

9位「夏場に出てきた新戦力」


 7月末に支配下となった大竹耕太郎や同月新加入のミランダ、デスパイネに代わり昇格したグラシアルが8月の快進撃を支えた。

10位「ベテラン勢が戦力外に」


 日本一決定翌日、寺原隼人攝津正五十嵐亮太吉村裕基といったキャリア10年以上のベテラン勢を含む8選手が戦力外に。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング