週刊ベースボールONLINE

2018シーズン総括

2018ロッテマリーンズ10大トピックス

 

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年のロッテマリーンズ10大トピックスを見ていこう。

1位「福浦和也が2000安打達成」


福浦はプロ25年目での大台到達


 カモメの現役レジェンド・福浦和也が9月22日、ZOZOマリンでの西武戦で通算2000安打を達成。42歳9カ月は史上2位の年長記録だった。

2位「井口資仁体制がスタート」


 昨季限りで辞任した伊東勤前監督の後任に現役を退いたばかりの井口資仁を指名。最下位に終わったチームの再建を託した。

3位「ボルシンガー11連勝」


 新助っ人・ボルシンガーが外国人投手最多タイとなる11連勝をマーク。11試合での11連勝は外国人初の快挙となった。

4位「悪夢の本拠地14連敗」


8月以降はホームで2勝22敗だった


 シーズン最終戦となった10月13日の楽天戦までリーグワースト更新、プロ野球ワーストタイとなるシーズン本拠地14連敗。

5位「新人2人が開幕スタメン」


 藤岡裕大&菅野剛士が開幕スタメンに。新人2人が開幕スタメンに名を連ねるのは、球団では1997年の小坂誠清水将海以来。

6位「藤原恭大の交渉権獲得」


 3球団が競合した大器・藤原恭大(大阪桐蔭高)の交渉権を引き当てるなど、満点と言える充実のドラフトに。

7位「功労者が引退」


育成の星・岡田も現役引退を決意した


 岡田幸文根元俊一金澤岳大隣憲司が現役を引退。いずれもコーチの道へ(岡田はBCL/栃木へ派遣)。

8位「井上晴哉がついに覚醒」


 新人年の2014年以来となる開幕四番に座った井上晴哉の眠れる力が覚醒。勝負強い打撃で最後まで打線をけん引した。

9位「4人が全試合出場」


 球団最多となる中村奨吾鈴木大地田村龍弘、藤岡裕大の4選手が全試合出場。中村はフルイニング出場を記録。

10位「走塁改革の効果あり」


 井口資仁新監督が掲げた“走塁改革”の効果もあってリーグ2位のチーム124盗塁。次の塁を狙う意識も浸透した。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング