週刊ベースボールONLINE

2018シーズン総括

2018東北楽天ゴールデンイーグルス10大トピックス

 

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年の東北楽天ゴールデンイーグルス10大トピックスを見ていこう。

1位「梨田昌孝監督が途中辞任」


今季はすべてが裏目に出てしまった


6月16日の阪神戦(楽天生命パーク)後、辞任を表明。「借金20」に達したことで、自ら決断した。

2位「悪夢のホーム50敗」


 創設1年目の2005年に喫したホーム42敗を更新するワースト記録。熱烈な応援を裏切る形になってしまった。

3位「アマダーがドーピング違反」


 採取した尿から2種類の禁止薬物が検出さた。「意図的な摂取はない」としたアマダーだが、6カ月の出場停止に。

4位「則本昂大が1000奪三振」


 4月6日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で。史上147人目、958回での達成は歴代5番目のスピード記録。

5位「松井裕樹が最年少100S」


今季は苦しみながらも節目の記録に到達


9月16日のロッテ戦(ZOZOマリン)で。史上31人目の達成だが、22歳10カ月は史上最年少記録となった。

6位「石井一久GMが誕生」


 9月1日付で就任し、最下位に沈んだチームの改革に着手。オフにさっそく、浅村栄斗のFA移籍を実現させた。

7位「今江年晶が100本塁打」


4月21日のオリックス戦(楽天生命パーク)で達成。「単純にうれしいけど、勝って達成したかった」。

8位「聖澤諒らが現役引退」


 2012年盗塁王が現役に別れ。「今年成績を残せなかったことがすべて」とファン感で引退を報告した。

9位「高梨雄平が球団新の70試合登板」


チームが不調の中でもフル回転


 今季最終戦となったロッテ戦(ZOZOマリン)で達成。「一軍に1年間いたことで積み上がった数字」。

10位「故障&手術が続出」


 森原康平釜田佳直美馬学と、一軍の戦力となるべき投手たちの手術が相次ぐ。来季以降の復活なるか。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング