週刊ベースボールONLINE

背番号物語2019

【背番号物語2019】「#12」バッテリーのナンバーに光る韋駄天たち

 

背番号は、ある選手が引退しても、またある選手に受け継がれていく。2019年も新たな後継者が誕生した。その歴史を週刊ベースボールONLINEで振り返っていく。

ノーヒットノーランの逸話



 2019年は2人の新人に「12」が与えられた。巨人高橋優貴と西武の渡邉勇太朗だが、ともに投手。10番台の背番号だけに、やはり投手が多数派だ。

 投手にはノーヒットノーランにまつわる逸話がある。17年間、2チームで「12」を着けた坂井勝二は通算166勝を残したサブマリンだが、1967年には10日間で2度もノーヒットノーランを逃す悲運も。同じ「12」で来日1年目の85年に日本ハムを相手にノーヒットノーランを達成したのが西武の郭泰源で、その5日後にノーヒットノーランでチームの名誉挽回を果たしたのが日本ハムの“オオユキ”田中幸雄だった。

 創設期の阪神を支えた“カイザー”田中義雄を皮切りに、“ささやき戦術”の元祖で、阪急や西鉄で「12」を着けた日比野武、西鉄の「12」を継承して稲尾和久とバッテリーを組んだ和田博実ロッテ村田兆治の“愛妻”として活躍し、ともに引退した袴田英利ら、古くから捕手も目立つ。この傾向は近年も続き、バッテリーのナンバーという印象も強い。

【12球団・主な歴代「12」】
巨人 楠安夫柴田勲鈴木尚広脇谷亮太、高橋優貴☆(2019年〜)

阪神 田中義雄、後藤次男和田徹福間納坂本誠志郎

中日 石丸藤吉星田次郎岡嶋博治岡本真也田島慎二

オリックス 柴田英治、岡嶋博治、大熊忠義山沖之彦マレーロ

ソフトバンク 別所昭蔭山和夫広瀬叔功井上祐二高谷裕亮

日本ハム 斎藤宏富永格郎、田中幸雄、鎌倉健松本剛

ロッテ 榎原好、坂井勝二、袴田英利、藤田宗一石川歩

DeNA 麻生実男、坂井勝二、関口伊織小林寛阪口皓亮

西武 日比野武、和田博実、郭泰源、垣内哲也、渡邉勇太朗☆(2019年〜)

広島 榊原盛毅田中尊高木宣宏白濱裕太九里亜蓮

ヤクルト 黒岩弘会田照夫矢野和哉斎藤充弘石山泰稚

楽天 小林宏草野大輔ケニー・レイ近藤弘樹
(☆は2019年)

象徴的な“赤い手袋”


巨人・柴田勲(左)、南海・広瀬叔功


 一方、プロ野球で初めてのスイッチヒッターとして巨人V9の一番打者を務め、赤い手袋で塁間を駆け回った柴田勲は、もともとはエースとして甲子園を沸かせた投手だった。そのまま投手としてプロ入り。背番号も投手ナンバーの印象が強い「12」に。しかし投手では芽が出ず、1年目の秋に打者転向。その後は通算6度の盗塁王、スイッチヒッター唯一の通算2000安打を達成することになる。「12」の物語において、この柴田は象徴的だ。

 バッテリーのナンバーながらエース級の投手が少ない一方で、盗塁王に輝いた韋駄天は異彩を放つ。のちに柴田は「7」に変更したため、「12」としては5度の盗塁王に輝いた南海の広瀬叔功が最多だ。「12」となった1961年に42盗塁で初の戴冠、以降5年連続で盗塁王に。通算盗塁では596盗塁の広瀬が2位、579盗塁の柴田が3位。広瀬の盗塁成功率.829は通算300盗塁以上の選手ではトップだ。

 58年から2年連続で盗塁王になった中日の岡嶋博治も「12」で、その岡嶋との“盗塁王トレード”で中日へ加入した河野旭輝が「12」を継承、62年に自身5年ぶり、プロ野球で唯一の両リーグ盗塁王に。62年はパ・リーグの盗塁王が広瀬で、両リーグとも盗塁王が「12」というシーズンになった。近年では巨人の“代走のスペシャリスト”鈴木尚広の活躍も印象に残る。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング