週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

与田中日、本当の勝負は来年以降になるか/伊原春樹コラム

 

根尾も焦らず、じっくりと育て上げたい


 今年も中日は我慢のシーズンになるのではないか。新人以外の補強はほとんどない。新外国人のロメロを獲得したが、彼は昨季、13勝を挙げながら交渉がまとまらず阪神へ移籍したガルシアの穴を埋めてくれないと困る存在。だから、現有戦力の底上げか、ベテランの復活に懸けるしかない。そこへきて松坂大輔が不慮の故障で開幕に間に合わない可能性が出てきた。与田剛新監督も頭を悩ませているところだ。

 野手ではドラフト1位・根尾昂が話題を呼んでいるが、すぐに大きな戦力となるわけではないだろう。根尾の打撃に関して森野将彦二軍打撃コーチは「僕の新人時代より全然上」と言っていたが、小笠原道大二軍監督に脚力について尋ねると「遅くはないけど、無茶苦茶速いというわけではない」という。まだ、正遊撃手の京田陽太のほうが速いだろう。幸いにして、小笠原二軍監督、森野二軍打撃コーチは現役時代、優れた成績を残した左打者だった。さらに、二軍には守備に長けた荒木雅博二軍内野守備走塁コーチもいる。彼らの指導をじっくり受けながら、“スーパースター”に育て上げたほうがいいかもしれない。

 与田新監督は初めての監督業だ。経験豊富な伊東勤ヘッドコーチがいかにサポートするかがカギを握るだろう。それに与田新監督は3年契約だという。内部昇格ではなく、昨年までは楽天でコーチを務めていたから今年は戦力把握に努める1年になるのではないか。本当の勝負は来年以降と言えるかもしれない。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング