週刊ベースボールONLINE

2019キャンプ取材現場発

【広島】ドラフト2位の島内が2回完全投球で開幕一軍へ前進【キャンプ取材現場発】

 

速球、変化球ともに手応え




 広島のドラフト2位、島内颯太郎投手が、沖縄第2次キャンプ最初の紅白戦で好投を見せた。
 
 この日、島内は、紅軍の2番手として登板。2イニング、打者6人をパーフェクトに抑え込んだ。しかも、対戦した打者は野間峻祥菊池涼介バティスタ松山竜平會澤翼坂倉将吾と、レギュラー級や打力自慢の選手ばかりだ。

 それぞれの最終球と結果はこうだ。まず野間を低目のチェンジアップで一ゴロ、菊池は真ん中低目のストレートで二飛、バティスタは遅いスライダーでタイミングを外し捕邪飛。2イニング目は松山を外角高めのストレート、會澤を真ん中低目のストレート、坂倉も真ん中低目のストレートで、すべて遊ゴロに打ち取った。「(相手がレギュラー級の選手なので)甘い球を投げたら打たれると思い、慎重に投げた」という島内だが、走者を許さないという見事な結果を出した。

 その最大の武器はストレート。この日の最速は145キロにとどまったが、「もう少し出るかと思った」と本人も言うように、まだまだスピードは出そう。この日は、高目のストレートのみならず、低目でも打者を押し込んだ印象があり、佐々岡真司投手コーチも「打者が差し込まれているのは、打ちづらさがあるのかな。あるいはスピン量があるのか」と評価した。

 ストレートに自信を持つだけに、課題は変化球。ボールが先行した場面でストレートに絞らせないためにも、変化球でストライクが取れるか。本人もこの日はこれを課題にしたというが、松山のとき、並行カウントからチェンジアップでストライクを取る場面があった。基本的には変化球はフォーク、チェンジアップといった「落ちる系」を主武器としているが、ここに「曲がる系」のスライダーをプラスしようというのも現在の試みの一つ。それだけに、バティスタを初球のスライダーで打ち取ったのには「カウントが欲しいところで決められた」と本人も手ごたえを得た様子だ。

 球種とピッチングタイプから行くと、すぐに使える可能性がありそうなのは中継ぎだが、本人は「先発を目指してやりたい」という。他の投手も多く試したわけではないため、役割がどこになるかの振り分けはまだこれからになるが、この日の好投で、開幕一軍へ一歩前進したことは確かなようだ。

文=藤本泰祐 写真=前島進

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング