週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

原監督の頭の中にある巨人の正捕手は?

 

炭谷の加入で激化する正捕手争い。小林はスタメンを勝ち取ることができるか


 原辰徳新監督の下、5年ぶりの優勝が至上命令の巨人。オフにはFAで広島丸佳浩を獲得するなど大補強を進め高い本気度を示している。だが、捕手に小林誠司がいながら西武からFAで獲得した炭谷銀仁朗に関しては賛否両論が渦巻いた。ただ、2007年から10年まで原辰徳監督の下で巨人ヘッドコーチを務めた伊原春樹氏は、この補強を高く評価している。

「炭谷は名門の平安高(現・龍谷大平安高)出身だから甘えはない。それに昨年、森友哉がマスクを多くかぶり始めたけど、炭谷も負けじと打撃力を向上させ、打率も上げてきた。そういう根性がある。やっぱり小林のハートに火をつけなきゃダメだというような形で、これはいい補強だったんじゃないかと思う」

 今季から阿部慎之助も捕手復帰。どのように捕手起用を原監督が頭に描いているか。伊原氏はこの点が気になっていたようで、取材で巨人キャンプを訪れた際、指揮官に聞いてみたという。

「原監督はレギュラーをつくると言っていたね。この投手にはこの捕手、あの投手にはあの捕手、と併用制をしたくない、と。かつて阿部がケガをしたとき、加藤健鶴岡一成実松一成らに『組む投手を決めるから、それでやっていこう』と試してみたけど、なかなか一体感がうまれなかった。だから、捕手に関してはレギュラーをしっかり作りたいそうだ」

 それでは正捕手の本命は?

「『僕の理想のなかでは7月、8月ぐらいに小林が炭谷を抜いてくれるようなチームになったら強いと思います』と言っていたよ」

 今後、オープン戦が本格化していくが、開幕戦でスタメンマスクをかぶるのは誰になるのか。巨人の正捕手争いから目が離せない。

文=小林光男 写真=小山真司

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング