週刊ベースボールONLINE

川口和久WEBコラム

セ・リーグのダークホースは阪神か/川口和久WEBコラム

 

上位はやはり広島、巨人


状態が悪いときでも選手に前を向かせることができるか。阪神は矢野監督の手腕に注目


 2月27日発売の『週べ』で、里崎智也と今季の順位予想対談をと依頼され、「まだ早いだろ! オープン戦も始まってないのに分かるか、そんなもん」とゴネた話を先週は書いた。

 ……いや、ウソ。仕事なんで、ありがたく予想はさせてもらったが、まだ分からんものはやっぱり分からん、という話だった。

 みんなまだ調整中。本当に調子が悪いのか、開幕に合わせ上げている途中なのかも少し見たくらいじゃ分からないしね。
 その中で前回のWEBは、パ・リーグは楽天がダークホースになるのでは、と書いた。

 どうせだから、今回はセ・リーグについて書いてみよう。情報が1週間分、アップデートされているから少しはマシだが、やっぱり、まだまだ未知数な要素が多いんだけどね。

 上位は広島1位、巨人2位とした。ただ、ちょっとしたことで、この2チームは入れ替わってもおかしくない。
 戦力だけ見たら巨人が上だが、広島には3連覇したという自信があり、逆に巨人には広島に対する圧倒的な相性の悪さがある。丸佳浩が入ったことは大きいが、悪夢みたいな逆転負けがたくさんあったし、特に投手陣の苦手意識は簡単には払しょくできないだろう。
 開幕がCGだけど、巨人にしたら最悪勝ち越して弾みにしたいし、広島にしたら、今年も“寝ていてもらう”ために、叩きのめしたいところだろうね。
 
 ヤクルトも可能性がないわけじゃない。確かに投手陣は未知数だけど、青木宣親雄平山田哲人バレンティンがいる打線は破壊力十分。うまく外国人投手がはまれば、まさか、まさかもあり得る。

 そう言い出したら、DeNAだって可能性はある。
 宮崎敏郎筒香嘉智、ロペス、ソトの打線もそうだし、投手も今年は投手陣も今永昇太、浜口遥大をはじめ、昨年、少し休憩(?)していた連中が元気だ。
 少し心配なのは、ラミレス監督がキャンプ前に言った「レギュラーは8割決まっている」というコメント。通訳が入った言葉だから真意は分からないけど、控えや若手にはきつい言葉だな。春季キャンプって、レギュラー奪取に向け、アピールしたくて張り切っているわけだからね。「お前は控えだけど、頑張れ」と言われ、「よし!」って燃える選手はいないでしょ。

 これから始まるスポーツ新聞とかの順位予想の優勝チームも、セでは、この4チームが挙がるとは思うが、逆に、ここまでじゃないかとも思う。残るは、昨年の5、6位、中日、阪神。この2チームを優勝候補に挙げるのは、ぜいぜいOB解説者くらいじゃないかな。

混戦に引きずり込めば阪神も


 ただ、いくら上位同士の対戦で競っても、カモチームがあると上位チームはそこで貯金をつくることができ、次第に順位が“安定”していく。だから、今シーズン、この期待が薄い2チームがいかに頑張るかで、混戦になるかどうかが決まる、と言っていいと思う。

 その中で、戦力的には与田剛監督の中日は厳しいな。
 打線はいいが、投手陣。それも先発投手がいないのが致命的だね。もちろん、そこは与田の腕の見せどころ、というか。ここまで来たら、もうやるしかないと開き直れば意外といい結果が出るかもしれない。

 逆に、俺がセのダークホースと注目しているのが、阪神なんだ。ここは最下位になるかもしれないし、優勝まではいかんかもしれんけど、CS進出の可能性はあるチームだと思う。中日と逆に先発がそろったからね。
 メッセンジャーがいて移籍組の西勇輝ガルシアがいる。この3人は2ケタを勝てる力が十分にある。そこに実績もある岩貞祐太あたりが入り、才木浩人とか若手にも楽しみな選手もいる。藤浪晋太郎……彼はそっとしておこうか。
 でも、仮に先発が4人そろえば、長いシーズンでそうそう連敗はしない。

 リリーフ陣では、俺は鳥取城北高の後輩・能見篤史に期待している。先発はもう無理かもしれんが、短いイニングのセットアッパーなら輝けるはず。ほかにも桑原謙太朗藤川球児ドリス。先発から外れた若手も入ってくるだろう。決して悪い顔ぶれじゃないと思う。

 ただ、昨年までの広島じゃないけど、投手陣を育てるのは打線。2、3点取られても逆転してもらえる、という打線なら若い投手も心強く、思い切って腕を振って勝負できるからね。
 こっちはどうなるのかな。福留孝介鳥谷敬糸井嘉男とベテランの実力者はいるが、彼らは1年継続しては難しい。そうなると、いかに若手が台頭するかだけど、数はいるけど、決め手がないのは昨年と変わらない。
 強引に若手に入れ替えるのも怖いよね。若い打線は、勢いに乗って圧倒することもあるけど、いい投手相手だと連鎖的に全体が沈黙してしまうことがある。かといって、うまくミックスしてとかやっていると、どっちつかずになる可能性もあるしな。

 いずれにしても、今季のセは現時点で投手陣が盤石のチームがない。必然的にどのチームも打線頼みで調子の波が生まれやすくなるはずで、混戦の予感が漂っている。
 そして混戦になれば、阪神は面白い存在になるだろう。

 これが競馬なら、間違いなく、阪神を買うよ。まあ、穴狙いと言われることが多い俺ではあるけどね。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング