週刊ベースボールONLINE

川口和久WEBコラム

解説者はつらいよ? 順位予想の修正をお願いします!/川口和久WEBコラム

 

菅野は心配なし


巨人・菅野。このクラスの選手がこの時期に少し落ちてもまったく問題ない



 各チームの先発陣が少し荒れてきた。
 ソフトバンクバンデンハーク西武内海哲也DeNA石田健大オリックス・ディクソン、そして楽天則本昂大が次々故障で開幕絶望となった。
 右ヒジのクリーニング手術を受けた則本以外は、それほど長くはないかもしれないけど、俺の計算が狂ったことは間違いない。

 なんの計算? 2019年順位予想でしょ。2月半ば週べの企画で、「日本一早い順位予想」をと言われ、俺と里崎智也(元ロッテ)で対談をし、順位予想をした(3月11日号)。

 その中で2人がパ・リーグの台風の目に挙げたのが楽天だった。
 あのときは、打線は浅村栄斗の加入で外国人選手頼みから脱却し、投手陣では則本と岸孝之と2ケタが計算できる柱があった。あとは抑えの松井裕樹次第かなと思っていた。

 言い訳するわけじゃないが、やっぱりキャンプ中の順位予想は早すぎたんじゃないかな。
 編集部に言って俺の予想は、楽天3位から5位にした。当たったから賞金が出るわけでもないんだけど、やっぱり解説者としてはやるからには当てたい。

 せめてオープン戦が1週間くらい過ぎていたら、何が起こっても変えない。実戦も始まっているし、「選手を見てない」は言い訳にもならない。「ちゃんと見ろ!」で終わりだからね。

 たとえば、巨人の菅野智之が3月8日、京セラドームのオリックス戦で大炎上。4回で6失点だった。
 だからと言って、急に「菅野に黄色信号」だから巨人は2位予想をもう少し下に、なんて言う気はない。

 菅野の力、仕上がりを見ているからね。
 さらに言えば、菅野クラスになれば、まったく問題ない。あの試合も、球威はあったが、球が少しずつ甘くなっていたのが原因だけど、キャンプ前から捕手を座らすくらい飛ばしていたから、ちょっと疲れがたまっていたんじゃないかな。
 体だけじゃなく、メンタル面での疲労もある。知らず知らず、集中力を欠き、体の動きとのギャップがあったような気がする。
 でも、滅多打ちでよかった。1、2点なら「こんなはずはない」と引っぱったかもしれないが、これだけ点を取られたら切り替えられるしね。

 もともとピッチャーは、よほどのスーパーエースでない限り、1年間、万全な状態をキープすることは無理。それこそ13年の田中将大くらいじゃないか(楽天─ヤンキース)。
 むしろ、波は必ずあるもの。技術やキャリアで、それをいかに小さくするかが、長く結果を出せる秘訣でもある。

 俺が現役時代は、オープン戦序盤の時期に一度、意識的に落として開幕までに上げていった。開幕が100じゃなくても何試合か投げているうちでいいと割り切っていた。
 
 菅野に関しては、今の段階では、まったく心配する必要はない。むしろ、俺は飛ばし過ぎのつけが、シーズンに入ってから、梅雨時か夏場に出ないか、と心配していた。この時期の不振は良かったんじゃないか。

 巨人の不安はそれよりもリリーフ陣。ただ、少しずつ若い選手も出てきた。
 中継ぎ候補が吉川光夫大江竜聖宮國椋丞坂本工宜桜井俊貴あたりがいて、抑えはクック。クックも1試合はよかったけど、まだ分からない。

 俺が注目するのは桜井。まだバラつきはあるけど、随分、球の質がよくなってきた。ドライチで入って、もう4年目。そろそろ結果が欲しいところだ。

 この春、Gのサクラは咲くのか、それとも春が終わる前に散っちゃうのかな。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング